アメジスト

アイテム一覧

アメジスト

恋愛運 … 80%
厄除け … 20%

外語名 Amethyst
和名 紫水晶
硬度 7
原産国 ブラジル、ウルグアイ、南アフリカ

アメジストは、美しい紫色の輝きが特徴のパワーストーンです。アメジスト独特のこのカラーは、神秘的でありエレガントな印象を与えてくれます。

意味 … 人を見抜く力を高めて、運命的な出会いを引き寄せる

アメジストは2月の誕生石。石言葉は「高貴、誠実、心の平和、愛情」で「愛の守護石」として有名なパワーストーンです。

かつて、最も気高い色の紫の色持つため神聖な立場の人のみ身に着けていた石で、高貴の象徴でもありました。またマイナスの感情を抑え、周りに流されず、良い方向に導くパワーがある石と信じられてきました。

アメジストは、真実を見抜く第三の目を開かせ、人を見抜く力や決断力を高めることで、運命の出会いを引き寄せると伝えられるパワーストーンです。 自分にとって大切なものは何かを冷静に判断する力を授け、人間的成長を促す石と言われています。

感情を落ち着かせて、心の安定をもたらすことで、大切な人との絆をしっかりと結び合わせ、真実の愛を守り抜く強さを育んでくれると言われています。 見た目に惑わされず、誠実な相手との縁を運ぶとも言われており、幸せな結婚へと導く恋愛のお守りとしても人気です。

ヨーロッパでは、運命の出会いを引き寄せるとともに、恋愛で高まりすぎた感情を抑え、冷静な判断ができる石として親しまれています。恋愛成就に大きなサポートをしてくれる代表的なパワーストーンと言えるでしょう。

また、アメジストは自分の中にある不安や恐れなど、ネガティブな思考をプラスに変換し、強い心で感情をコントロールできるよう導いてくれる浄化の石としても知られています。

アメジストはストレスで疲れた心を癒し、穏やかな安らぎを与えてくれるヒーリング、癒しのパワー強いパワーストーンですので、心が傷ついてしまっている時に身に着けていただきたいパワーストーンです。

また、アメジストは安眠をもたらすと言われているため、枕元に置いてお休みいただくのもよいでしょう。不眠にお悩みの方におすすめです。

アメジストはギリシャ語の「amethystos」(酒に酔わない)が語源です。ギリシャ神話では酒の神であるバッカスが酒に酔い、獣をしかけ、偶然通りかかった月の女神の女官アメジストを襲うという場面があります。

その出来事に気づいた月の女神が、アメジストを白い結晶に変えたと言います。酔いから覚めたバッカスが、その水晶にブドウ酒を注いだところ紫色のアメジストになった、という神話です。古代ローマでは、アメジストの盃に注いだお酒を飲むと、お酒からだけではなく、人生の悪酔いからも身を守ってくれると言われています。

恋愛においても酔って溺れてしまわないように、冷静さを保ち、人を見抜く力を高めて、真実の愛を見極められるようにサポートしてくれるでしょう。運命的な出会いを引き寄せたい人、表面的なことに惑わされずに出会いたい人におすすめです。

また、インスピレーションを高めるとともに、平穏で穏やかな気持ちに導いてくれることから、リラックスしたい時に身に着けたり、瞑想するときに持つことでより大きな力をかしてくれるでしょう

豆知識 … アメジストとシトリンの密接な関係

アメジストのきれいな紫色は、自然界の放射線と鉱物中の鉄分が反応することによって作り出されています。 この色合いは紫外線を含む光にかなり長時間当てることによって、薄まってしまうことも稀にあるようです。

また、アメジストなどのクォーツを熱処理することで黄色くしたものは、シトリンと呼ばれます。 天然のシトリンも存在していますが、極めて産出量が少なく、市場に出回っているもののほとんどが熱処理されたものだと考えられています。

一方、アメジストとシトリンが偶然組み合わさって生まれたアメトリンという石も存在しています。 紫と黄色の境目がはっきりしているものは少ないことから、アメジストと比べても価格が高く、希少価値の高い石とされています。

恋愛運 … 80%  厄除け … 20%

外語名 Amethyst
和名 紫水晶
硬度 7
原産国 ブラジル、ウルグアイ、南アフリカ

クオリティ

  • アメジスト
  • アメジスト
  • アメジスト
  • アメジスト
  • アメジスト
  • アメジスト

アメジストの魅力は、美しい紫色の輝き。もともと水晶(クォーツ)の一種であることから、どうしてもクラックが入りやすいのも特徴です。 クオリティが低くなってくると、クラックがたくさん入ってしまったり、白っぽくなっていたりします。

4976堂がアメジストの仕入れの際にこだわっているのは、透明感があり、紫がきれいに出ていること。 粒サイズにより若干色味に違いがあり、完璧な透明感とはいきませんが、できる限りクラックがなく、色味に統一感がある粒ぞろいのアメジストを厳選して仕入れています。

アメジストの浄化方法

アメジストは、長時間、太陽光にあてると退色するおそれがありますので、それ以外の浄化方法をおすすめします。

塩・塩水 流水 セージ 水晶 太陽光
×

詳しい浄化方法についてはこちら


アメジスト 宝石鑑別書

アメジスト 宝石鑑別書

4976堂ではアメジストをランダムにピックアップして、専門の鑑別機関に出しております。

ページの先頭へ