パワーストーン通販・天然石ブレスレットの4976堂 オーダーメイドもできます

タンザナイト

タンザナイト

仕事運 … 80%
癒し … 20%
レア度 …

外語名 Tanzanite
和名 ゆう簾石・灰簾石
硬度 6~7
原産国 タンザニア、ケニア

タンザナイトは、紫がかった美しい青色が魅力のパワーストーンです。その美しさからニューヨークのティファニー社によってタンザナイト(タンザニアの夜)と命名されました。

タンザナイトの意味

タンザナイトは、その名前の通りタンザニアで産出されることからこの名で呼ばれています。 「ゾイサイト」という鉱物の一種で、ゾイサイトのうちの青色から紫色の石をタンザナイトと呼びます。

この石は、タンザニアのメレラニ鉱山でしか産出されないため非常に希少なパワーストーンです。 地元のマサイ族の話によると、ある日、落雷で牧草が焼け、焼け跡にはタンザナイトがー面に散らばっていたといわれる神秘的な石でもあります。 発見されたのがわずか50年前と、パワーストーンの中でも比較的新しい石ではありますが、その美しさからヒーリングストーンや宝石としてあっという間に人気が広がりました。

タンザナイトは、人生の転機において、冷静な判断力を高めて正しい決断を促してくれると言われるパワーストーン。 持ち主にインスピレーションをもたらし、これまでの自分に固執することなく、ベストな選択へ向かわせてくれると伝えられるパワーストーンです。

新しい事に挑戦したい時や、斬新なアイデアを得たい時に身に着けるとよいでしょう。 持つ人に新しい世界観を広げるチャンスをあたえてくれると言われています。

神の言葉や先人の知恵を授けてくれると伝えられ、自己啓発をうながす石としても知られているタンザナイト。 「神々の慈悲が宿る守護石」とも言われています。持つ人の心を愛で満たすことによって前向きな思考へと導いてくれます。

ネガティブな感情に支配されている時や、何か人生において導きが欲しいといった時におすすめです。頭で考えることよりも、心で感じることを大切にするようにサポートしてくれます。 顕在意識を落ち着かせて潜在意識につながることを助けてくれることで、思いもよらない解決の糸口を発見することができるようになると言われています。

迷いが生じたときに身につけることで、過去の経験に左右されない強い意志を引き寄せて、人生を成功へと向かわせてくれる石と言われています。 また、タンザナイトは、周囲の価値観に振り回されず、自分に合ったペースで前へ進める心のゆとりを取り戻すことで、人生のステップアップをお手伝いしてくれると言われる癒しのパワーストーンとしても人気です。

タンザナイトは、持ち主の感情を穏やかに包み込んで、心を落ち着かせて調和のとれた思考になれるようにサポートしてくれると言われています。 ハートのバランスを保つことで、自分らしさを素直に表現できるようしてくれるパワーストーンです。持ち主の魅力を引きだすことで、コミュニケーション能力を高め、相手との適正な距離 感がわかるよう導いてくれるでしょう。

タンザナイトの特徴

別名ブルーゾイサイトと呼ばれるタンザナイトは、緑廉石(りょくれんせき)の一つ。 1967年にタンザニアの鉱山でルビーを採掘していたマニュエル・ト・スーザーによって発見され、今までのゾイサイトには見られない美しい青色から、ニューヨークのティファニー社によってタンザナイト(タンザニアの夜)と命名されました。

ティファニー社は、このロマンチックな名前を使い、大々的にキャンペーンを行ったことから、1980年代のアメリカで大ヒット人気を記録しています。

一気に需要が高まったことにより、その後タンザナイトの希少価値はどんどん上がり、現在に至ってもクオリティの高いものは宝石クラスの価格で取り引きされる高価な石として知られています。

タンザナイトは、透明感のある美しいブルーの石ですが、自然光の下で見ると青色、夜の人工光の下で見ると紫色に見え、見る角度によっても青色や紫色、紫色や赤色にも見えたりします。 こうした見る角度により、色が異なって見える多色性の強いものほど高価とされコレクターに人気です。

クオリティ

  • タンザナイト
  • タンザナイト
  • タンザナイト
  • タンザナイト
  • タンザナイト
  • タンザナイト

タンザナイトの魅力は、ブルーからパープルの鮮やかな色味。 市場に出回っている数量自体がそれほど多くなく、クオリティの高いものは宝石クラスの価格で取引されることもあります。 クオリティが低くなってくると、色味がくすんでいたり、茶色のクラックや模様がところどころに見られたりします。

4976堂がタンザナイトの仕入れの際にこだわっているのは、タンザナイトらしい色味ができるだけきれいに出ていることと、クラックがほとんど見られないこと。 特に、10mmや12mmなど、粒サイズが大きくなってくるほど、クラックが入りやすくなってきますので、表面にツヤがあり、鮮やかなブルーがきれいに出ている良質なものを厳選して仕入れています。

タンザナイトの浄化方法

タンザナイトは、基本的にどんな浄化方法も行っていただけます。日常的に浄化したい場合は水晶や太陽光などで、石が疲れていると感じたときは、塩や流水、セージなどによる浄化をおすすめします。

塩・塩水 流水 セージ 水晶 太陽光

詳しい浄化方法についてはこちら

タンザナイト 宝石鑑別書

タンザナイト 宝石鑑別書

4976堂ではタンザナイトをランダムにピックアップして、専門の鑑別機関に出しております。
一般的なタンザナイトは加熱処理によって色の処理が行われており、4976堂のタンザナイトも同様の処理が行われています。