ムーンストーン

アイテム一覧

ムーンストーン

人間関係 … 80%
癒し … 20%

外語名 Moon Stone
和名 月長石
硬度 6~6.50
原産国 スリランカ、インド、ミャンマー

ムーンストーンは、角度を変えることによってあらわれる、神秘的な白い光の輝きが魅力のパワーストーンです。その名の通り、古くから「月の力が宿る石」と信じられてきた天然石です。

意味 … インスピレーションを高めて、進むべき道を照らす

ムーンストーンは、6月の誕生石 ムーンストーンが人々に知られるようになったのは紀元前1世紀頃です。 世界の各地で月の力を秘めたパワーストーンとして愛されてきました。

ムーンストーンと呼ばれるようになったのは1600年代頃。 プリニウスの「博物誌」やアルベルトゥスの「鉱物書」の中では「この石(ムーンストーン)は、月の満ち欠けに従いその形も大きくなったり小さくなったりする」と記されています。

月の満ち欠けに従い、石の大きさが変化して見えることから、ギリシャ語で月を意味する「セレニテス」を語源として名づけられました。 古代インドでは「月の光が固まってできたもの」と信じられ「聖なる石」として聖職者は必ず身に着けていたり、豊穣を祈り農具につけたりなどして大切に扱われてきたそうです。

直感力・インスピレーションを高めることで、進むべき道に迷ってしまったときに道を照らして正しい方向へ進めるようお手伝いしてくれると伝えられる「ムーンストーン」。 月の満ち欠けにより神秘的な月のような輝きが微妙に変化することから、持ち主に未来を予知する力を与えると伝えられています。

豊かな感受性をはぐくむことで、自己の内面を見つめ直して霊的な力を引き出すと言われています。 感性や直感力を高めるとされるムーンストーンは、自分の進むべき道に迷っている人の、最高のパートナーになってくれるでしょう。

ムーンストーンは、満ち欠けする月のように変化する感情をコントロールして、気の流れやリズムを整えてくれると言われています。 やすらぎと癒しのエネルギーで心を解きほぐし、身につけている人の魅力を引き出してくれることで、愛する人との絆を深めてくれるパワーストーンとして知られています。

ムーンストーンは、その名の通り、古くから「月の力が宿る石」と信じられてきました。 女性性を象徴する月のエネルギーを宿していると言われ、女性のリズムを整えてや女性特有の不調を和らげる働きがあると考えられています。 揺れ動く感情をしずめて精神バランスを整えてくれるメンタルサポートのお守りにもおすすめです。

月の優しく穏やかなパワーが、日々のストレスで倒れてしまいそうな精神の回復を助け、少しずつ良い方向へ導いてくれます。 感情の浮き沈みが激しく、ネガティブな思考におちいりやすい人は、いつも身につけることで、情緒が安定するお手伝いをしてくれると伝えられています。 女性特有の月の満ち欠けによる不安感をやわらげてくれるでしょう。 女性らしさが足りないと感じるときに身に着けるのもおすすめです

豆知識 … ムーンストーンの種類について

ムーンストーンは、オレンジやグレーなど、見た目の色味によって名前がつけられているものもあれば、ブルーやレインボーなど、石の放つ光の加減によって別の名前がつけられているものもあります。

一般的にムーンストーンの光は、白またはブルーのみといわれており、虹色に光るレインボームーンストーンは、実際には同族のラブラドライトの一種であるといわれています。

ムーンストーンの主要産地はインドとスリランカ。その他にはブラジルやミャンマー、マダガスカルなども原産地として知られています。 スリランカにあるペグマタイト鉱床では、透明度が高く、虹の輝きをもつ高品質のレインボームーンストーンが採掘されています。 しかし、年々採掘量が減少したため、希少価値が高い鉱石として、近年コレクターの間でも注目されているパワーストーンです。

また、ブルームーンストーンとして市場に流通しているそのほとんどは、ムーンストーンと同じ意味合いを持つ長石の仲間、ペリステライトであるといわれています。

人間関係 … 80%  癒し … 20%

外語名 Moon Stone
和名 月長石
硬度 6~6.50
原産国 スリランカ、インド、ミャンマー

クオリティ

  • ムーンストーン
  • ムーンストーン
  • ムーンストーン
  • ムーンストーン
  • ムーンストーン
  • ムーンストーン

ムーンストーンの魅力は、角度を変えることによってあらわれる、神秘的な青白い光の輝き。 色味やクオリティにバラつきがあり、クオリティが低くなってくると、ムーンストーンの特徴であるシラー効果がきれいに出ていなかったり、他の鉱物の斑点が見られたりします。

4976堂がムーンストーンの仕入れの際にこだわっているのは、他の鉱物の斑点がほとんど見られず、青白い輝きがきれいに出ていること。 特に6mmや8mmなど粒サイズが小さいものほど、シラー効果がきれいに出ているものは少なくなりますので、色のトーンがそろっており、1粒1粒がきれいに輝く良質なムーンストーンを厳選して仕入れています。

ムーンストーンの浄化方法

ムーンストーンは、塩に弱いので、塩以外の浄化方法をおすすめします。

塩・塩水 流水 セージ 水晶 太陽光
×

詳しい浄化方法についてはこちら


ムーンストーン 宝石鑑別書

ムーンストーン 宝石鑑別書

4976堂ではムーンストーンをランダムにピックアップして、専門の鑑別機関に出しております。
4976堂で取り扱いしているムーンストーンは「ペリステライト」です。

ページの先頭へ