クンツァイト

アイテム一覧

クンツァイト

恋愛運 … 80%
人間関係 … 20%
レア度 …

外語名 Kunzite
和名 リチア輝石
硬度 6.5~7
原産国 ブラジル、マダガスカル、アメリカ、アフガニスタン

クンツァイトは、ピンクをはじめ、グリーンやホワイトなどのシャーベットカラーが魅力的なパワーストーンです。特に、ピンク色は「ライラックピンク」と花の名前で表現され可憐な色合いが人気です。

意味 … 周囲から愛される存在へと導く、「愛の石」

クンツァイトは「スポデューメン」という鉱物の一種で、緑色から黄緑色ならヒデナイト、黄色はトリフェーン、そしてピンク~紫色をクンツァイトと呼びます。

和名を「リチア輝石」といい、発見された当時からリチウム金属などの原料とされていました。 リチウム電池などの資源としてもこのリチア輝石が用いられていましたが、その美しさから宝石として身に付けられるようになりました。

クンツァイトは、自分自身の中にある、愛する気持ちを高めて、相手の心を徐々に開かせることで、周囲に愛される存在へと導いてくれるといわれるパワーストーン。 素直な気持ちを表現できるように促してくれることから、素敵な出会いをもたらす「愛の石」として人気のパワーストーンです。

自分が素直に愛を表現し、愛を示せば、まわり巡りめぐって、周囲からも愛を返してもらいやすくなることでしょう。

クンツァイトは、恋愛で傷ついた経験からくる、愛への不信感を慰め、愛する気持ちを取り戻すよう促す働きがあると言われています。 異性や恋愛に対する恐れを取り去り、ふたたび新しい恋にチャレンジできるパワーを引き出してくれるはずです。

何をしても満たされないと感じる時や過去の恋愛の傷を癒したい、恋愛で傷ついた人にもおすすめのパワーストーンと言えます。

クンツァイトは、大らかな気持ちを育み、寛容さや慈悲深さを引き出すことで、信頼し合える関係を築くお手伝いをしてくれると言われています。 大きな愛を心にもつことで、まっすぐな心で相手と向き合い、愛情をもって接することができるようになるでしょう。

優しさや愛を持って、雄大な気持ちを常に持ち続けたい方におすすめです。 また、周囲にとの関係に迷いがあるときに決断する勇気を与えて、進むべき道へ導く石としても知られています。

感情のバランスを安定させるクンツァイトは、忙しい生活をおくっている人や蓄積したストレスに負けそうな人のお守り石。 ストレスに対する強い心を養ってくれるといわれています。

ストレスを感じたときに持ち歩くことで精神を落ち着かせて、ポジティブな考えをもたらすお守りとして人気の天然石です。 日常生活で不平不満を感じるとき、周りの人につい批判的になってしまうときにおすすめのパワーストーンです。

豆知識 … アメリカで人気の天然石

クンツァイトは、20世紀初めにカリフォルニアで発見された新しい天然石。 発見者である宝石学者のクンツ博士にちなんで、その名が付けられました。

カリフォルニア州で発見されたことから、またの名を「カリフォルニア・アイリス」とも呼ばれています。

発見された当初は、あまりの美しさから合成と疑われ、価値のないものとみなされていましたが、クンツ博士の鑑定によって天然の宝石質スポデューメンであることが分かると世界中から宝石ディーラーがこぞって求める人気の石となりました。

日本ではそれほど知名度は高くありませんが、アメリカでは人気の高い天然石です。

産地に寄って透明度が高く、紫がかったピンク色発色が美しいものや透明感は少なく、そのぶん色が濃く鮮やかで、キャッツアイ効果を見られるものがあります。

なお、クンツァイトに含まれる緑色の石は同じスポデューメンのヒデナイトで、産出量が少ないことから希少価値の高い宝石として知られています。 4976堂では、透明から緑色のヒデナイトやトリフェーンなどもクンツァイトの仲間として取り扱いしております。

クンツァイトは、硬度は6.5~7.5と高めですが、一方向に割れるへき開性のため、縦に割れやすい性質をもっています。 衝撃に弱い石ですので、強い力を与えないよう気をつけて身に着けてください。

恋愛運 … 80%  人間関係 … 20%  レア度 …

外語名 Kunzite
和名 リチア輝石
硬度 6.5~7
原産国 ブラジル、マダガスカル、アメリカ、アフガニスタン

クオリティ

  • クンツァイト
  • クンツァイト
  • クンツァイト
  • クンツァイト
  • クンツァイト
  • クンツァイト

クンツァイトの魅力は、ピンクをはじめ、グリーンやホワイトなどのシャーベットカラー。 鉱物の性質上、黒い斑点がつきやすいことから、透明度の高いピンク一色のものはとても希少です。 クオリティが低くなってくると、凹んでいたり、白っぽかったりします。

4976堂がクンツァイトの仕入れの際にこだわっているのは、できるだけ他の鉱物が混ざっておらず、クンツァイトの持ち味であるシャーベットカラーがきれいに出ているもの。

完璧な透明感とはいきませんが、できる限り凹みや黒い斑点がなく、ピンクやグリーンのクンツァイトならではの粒感があらわれている良質なものを厳選して仕入れています。

クンツァイトの浄化方法

クンツァイトはどんな浄化方法にも適していますが、鉱物の性質上、一方向に割れやすく衝撃に弱いことから、取扱いには注意が必要です。

塩・塩水 流水 セージ 水晶 太陽光

詳しい浄化方法についてはこちら


クンツァイト 宝石鑑別書

クンツァイト 宝石鑑別書

4976堂ではクンツァイトをランダムにピックアップして、専門の鑑別機関に出しております。

ページの先頭へ