アンバー

アイテム一覧

アンバー

健康運 … 80%
金運 … 20%
レア度 …

外語名 Amber
和名 琥珀
硬度 2~2.5
原産国 ロシア、ポーランド、メキシコ

アンバー(琥珀)の魅力は、樹液の特徴的なイエロー。太古から伝わる神話などで、守りの石として珍重されてきた万能パワーストーンです。

意味 … 温かな波動が、心身ともに元気な状態へ導く

アンバー(琥珀)は正確には鉱物ではなく樹液の化石ですが、現在は宝石やパワーストーンとしても高く評価されている存在です。

その美しさから古来より装飾品などにも用いられているアンバーは、アラビア語の「anbar」に由来し、「anbar」は「竜涎香(りゅうぜんこう)」と呼ばれるものを指しています。

竜涎香とは、マッコウクジラの体内で作られる結石であり香料の一種で、アンバーは、この竜涎香(anbar)に良く似ていたことから名付けられました。

アンバーは、混乱した感情を落ち着かせることで、心身ともに元気な状態へと導くと伝えられるパワーストーン。 生命力を高めて、新たな気力をもたらすとされ、健康長寿のお守りとして人気の天然石です。

何万年、何億年という年月をかけてできているアンバーは、太古から地球が持つ生命力を伝えてくれるとされ、心や体の中に溜まったストレスや疲れを癒すことで、心身を健康な状態に保つ力になってくれると伝えられています。

アンバーは、マイナスのエネルギーを排出して、気の流れをよくすると言われ、病気の治療に用いられてきた歴史があります。 マイナスエネルギーを抜き取り、変わりに心身にプラスのエネルギーを循環させてくれるのです。

不要になったエネルギーや感情を捨ててくれることから、新しい良いものが入る隙間が入るようにとゴミを掃除してくれるような存在と言っても良いかもしれません。 また、病気や危険を回避して子供のすこやかな成長を助けるとされることから、お子様への贈り物やお守りにもおすすめです。

オーストラリアでは、赤ちゃんや小さな子供にアンバーのジュエリーを贈る習慣があります。 魔除けの意味合いに、幸運をもたらすと言われているので、贈り物としても我が子へのお守りとしても赤ちゃんの誕生祝に喜ばれているパワーストーンです。

特徴的な黄金色が富や繁栄を象徴していることから、安定した金運と豊かな富をもたらすと伝えられています。 長い年月をかけて凝固されたアンバーは、永続的な富の象徴とされてきました。財産の正しい使い道をきちんと判断して、無理なく貯蓄が出来るように導いてくれることでしょう。

また、こすると静電気を帯びることでも知られ、特に力を借りたい場面では指で優しく擦ると良いと言われています。 よい運気を引き寄せる金運アップのお守りとしておすすめです。

豆知識 … 天然琥珀と圧縮(再生)琥珀の違い

マツやスギなど、針葉樹の樹脂が地中で何千年という月日をかけて化石化することで作られる天然琥珀。 その色合いはコニャックアンバー、蜂蜜アンバー、ルビーレッドアンバーなどと言われ、クリアな蜂蜜色やミルキーな蜂蜜色など様々です。

世界最大の産地としてバルト海沿岸地かドミニカ産が有名ですが、圧倒的な月日を要することから、天然琥珀の希少価値が年々高まっているといわれています。 ドミニカ産のものは、薄く青みがかったブルー・アンバーなどが有名です。

樹脂に含まれる成分が、紫外線の影響でブルーの色に見えるのが特徴的で多くの愛好家はいる天然琥珀です。

また、日本でも旧石器時代にまでさかのぼり北海道の柏台遺跡や岩手県の久慈地方で産出される約8,500万年前の恐竜時代の琥珀などかなり古いものが見つかっております。

年々希少になっていくため、そこでロシアで生み出されたのが、琥珀の破片などを高温、高圧でくっつけることによって作られた圧縮(再生)琥珀。

琥珀そのものを使用していますが、加工されていることから「アンブロイド」と分けて呼ばれます。 しかしながら天然琥珀に比べて、価格がお手頃なことからカジュアルに使えると人気の高い天然石です。

健康運 … 80%  金運 … 20%  レア度 …

外語名 Amber
和名 琥珀
硬度 2~2.5
原産国 ロシア、ポーランド、メキシコ

クオリティ

  • アンバー
  • アンバー
  • アンバー
  • アンバー
  • アンバー
  • アンバー

アンバーの浄化方法

アンバーは、樹液が固まってできているため、熱に弱いです。また、塩や水にも弱いことから、水晶による浄化がおすすめです。硬度が低いので、硬い石とこすれてできるキズにはご注意ください。

塩・塩水 流水 セージ 水晶 太陽光
× × ×

詳しい浄化方法についてはこちら

アンバー(琥珀)のアイテム

石辞典を見る

ページの先頭へ